Skip to main content
教師訓練

英語を教えることにより神様の子供たちに仕えようとする皆様の熱意に感謝します。皆様が天の御父の愛を感じられるよう,また皆様の取り組みが現在と将来にわたって生徒の人生を祝福していることを皆様が確信できるよう願っています。

その働きを実り多いものとするために,皆様はEnglishConnectの目的と,その目的を達成するうえでの自身の役割を理解する必要があるでしょう。

EnglishConnectの目的とは何でしょうか。


EnglishConnectのコース1と2は,典型的な学校の英語クラスとは異なります。EnglishConnectの目的は,以下の面で生徒を助けることです:

  • 天の御父とイエス・キリストを信じる信仰を増し加える
  • 有能な学習者になる
  • 福音を中心とした環境の中で英語力を伸ばす

EnglishConnectは,友情と信頼の環境の中で英語力を伸ばす独自の機会を生徒に提供します。
教えるに当たり,生徒の必要や彼らの成功を助けるにはどうすればよいかが分かるよう,聖霊の導きを祈り求めてください。自らを霊的に備え,最善を尽くすならば,天の御父はあなたの能力を増し加え,目的を達成できるようにしてくださるでしょう。

わたしの役割は何ですか。

あなたの最も重要な役割は,生徒が御霊と帰属意識を感じ,天の御父の助けがあれば自分も英語を学ぶことができるという自信を持てるような環境を整えることです。

御霊こそがまことの教師であることを心に留めておいてください。あなたの役割は,御霊が教えを授けることのできるような環境を整えることです。皆さんは,生徒が愛とサポートを感じるよう,また英語を学ぶに当たり天の御父の助けを求める方法を学べるよう助けることができます。

英語を教える専門家である必要はありません。必要なものはすべてコースの教材の中にそろっています。この責任を果たせるよう,また進歩向上していけるよう祈りの気持ちで願い求めるとき,天の御父は助けを与えてくださいます(エテル12:27参照)。

EnglishConnectを教える備えをする際,以下の点について自問してみてください。

  • 霊的に備えるにはどうすればよいだろうか。
  • 毎回のクラスの間に御霊を招くにはどうすればよいだろうか。
  • だれもが歓迎されていると感じ,自信を持てるよう助けるには,どうすればよいだろうか。

どうすれば良い成果を得られるだろうか。

クラスの生徒が英語を学び,信仰を培うよう助けるに当たり,あなたにできることはたくさんあります。生徒の必要について深く考え,進歩向上していくよう努めるとき,祈りの気持ちで御霊の導きを求めてください。

生徒が学びの原則を応用できるよう助ける


生徒が以下に挙げた原則を応用できるよう助けるために御霊を求めるならば,あなたは最善の成果を得られるでしょう。原則の一つ一つを祈りの気持ちで研究してください。ともに英語学習に取り組むに当たり,生徒がこれらの原則を応用できるよう,どのように助けるか計画します。

  • イエス・キリストを信じる信仰を行使する
  • 自らの学習に対して責任を持つ
  • 互いに教え合う
  • 行うことによって学ぶ

進歩向上していくよう努める


この召しを果たすべく祈りの気持ちで努め励むなら,御霊の助けを受けて,どうすれば進歩向上していけるか知ることができるでしょう。『救い主の方法で教える』に記されている原則と,以下に挙げた学びの原則を研究してください。各レッスンの後,時間を取って,これらの原則や『EnglishConnect教師用テキスト』にある「自己反省チャート」を使って,自分の進歩状況を評価してください。よくできている点を認めましょう。進歩向上していきたい分野を特定し,現在学んでいる事柄を応用するための具体的な計画を立てます。

EnglishConnectの教師である皆さんには,生徒が「研究によって,また信仰によって学問を求め〔る〕」ことのできる環境を整えるという特別な責任があります(教義と聖約88:118)。「神はなんでもできる」(マルコ10:27)という救い主の約束を実際に身をもって知るために信仰をもって行動するよう,皆さんは生徒を助けることができるのです。こうした経験は,EnglishConnectを修了した後にも彼らの生活に祝福をもたらすことでしょう。あなたが御霊を求め,最善を尽くすときに,天の御父が助けてくださることを信頼してください。あなたが必要とする導きが御霊によって「まことにその瞬間に」与えられるという信仰を持ってください(教義と聖約100:6)。御霊を求め,教える人々を愛するとき,皆さんは生徒が御霊を感じ,歓迎されていると感じられるような環境を整えることができます。そして生徒は,英語を学ぶうえで天の御父の助けを得られるという確信を持てるようになるでしょう。

学びの原則
イエス・キリストを信じる信仰を行使する
責任を負う
互いに教え合う
行うことによって学ぶ
英語を話す

イエス・キリストを信じる信仰を行使する

EnglishConnectの目的は,天の御父とイエス・キリストを信じる信仰を培えるような環境の中で英語力を伸ばせるよう生徒を助けることです。生徒に,言語の賜物を祈り求めるよう,また各自の目標を達成できるという信仰をもって行動するよう勧めることによって,彼らを助けることができます。天の御父は彼らを助けることがおできになるという皆さんの信仰を伝えてください。励ましの言葉をかけましょう。毎回クラスで時間を取り,生徒が互いに教え合い,信仰を表す機会を与えてください。試練を克服し目標を達成するために人に能力を授けるイエス・キリストの力を受けた経験を分かち合うよう,生徒に勧めてください。

次の質問について考えてみてください:

  • 英語を学ぶことを通して,生徒がイエス・キリストを信じる信仰を行使するよう,どうやって助けられるだろうか。
  • 特に教会員ではない人々やイエス・キリストの教えをよく知らない人々を助けるにはどうすればよいだろうか。

責任を負う

進歩向上していくためには,生徒は自らの学びに対し責任を負う必要があります。毎週クラスに参加することは,学習における重要な側面です。しかしながら,言語を学ぶ唯一の方法は,日々の実践練習です。週に8-10時間英語を学び実践する生徒は,急速に進歩することでしょう。毎日の実践目標を定め,目標を達成するという信仰をもって行動するよう生徒に勧めることによって助けることができます。英語に関する次の3つの習慣を身につけるよう生徒を励ましてください:

  • 異言の賜物を求めて祈る
  • モルモン書を読む
  • 目標を達成するという信仰をもって行動する

テキストの表紙にある「My Practice Plan(練習計画)」に進歩状況を記録するよう生徒に勧めてください。自分の進歩状況をクラスメートに報告してもらうことで,レッスンの始めにフォローアップすることができます。英語を日課の一部とするためのアイデアを生徒に分かち合ってもらいます。生徒がクラス以外の時間にも継続して学び実践する責任を引き受けるときに,最大の学習効果を得られるということを覚えておいてください。

次の質問について考えてみてください:

  • 生徒が毎日英語を学び実践する責任を引き受けられるよう助けるにはどうすればよいだろうか。
  • 生徒が自分の進歩に気づけるよう助けるにはどうすればよいだろうか。
  • クラスが始まる前に,生徒がレッスンで学ぶ語彙や例文を覚えられるよう助けるにはどうすればよいだろうか。

互いに教え合う

生徒が最も成果を上げられるのは,彼らが互いに助け合い,教え合うときです。言語を学ぶことは容易なことではないかもしれませんが,グループの支えと助けがあれば,生徒は落胆したり,諦めたくなったりするときでも頑張り続けることができるでしょう。あなたの役割は,生徒が愛されていると感じ,互いに影響を与え合い,支え合う中で心地良さを感じられるような環境を整えることです。生徒が互いをよく知るようになり,信頼関係を育めるよう助けてください。

生徒に,それぞれの課題や成果を上げるために行っている事柄を分かち合う機会を与えましょう。生徒一人一人が,特に教会員ではない生徒が,グループの一員として認められていると感じられるように助ける方法を,祈りの気持ちで見つけてください。互いに支え合い,悩んでいる人にミニスタリングを行うよう生徒を励ましましょう。担当の指導者と話し合って,週日の間にもグループメッセージやそのほかの活動を通してグループがつながりを保てるよう助ける適切な方法を見つけてください。

次の質問について考えてみてください:

  • グループが信頼と仲間意識を育めるよう助けるには,どうすればよいだろうか。
  • 生徒が互いに教え合い,それぞれの経験を分かち合うよう,どのように助ければよいだろうか。
  • どうすれば週日の間も生徒同士がつながりを保てるよう助けられるだろうか。

行うことによって学ぶ

EnglishConnectの1および2は会話クラスです。会話クラスの目標は,すべての生徒に実際に話す機会をできるだけ多く与えることです。レッスンのあらゆる場面で,生徒は互いに会話し,実践練習する必要があります。クラスが始まる前に,レッスンで学ぶ語彙や例文を覚えておくよう生徒を励ましましょう。そうすることで,生徒は会話クラスの活動からさらに益を得る備えができるでしょう。レッスン時間の大部分を使って,二人一組か,少人数のグループで会話活動を行うよう,時間を調整してください。二人一組や少人数のグループで活動することで,生徒一人一人が練習により多くの時間を費やせるようになります。

生徒がごく自然に会話活動をやり遂げるとき,またテキストを使う必要がなくなるときに,成果を上げつつあることが分かるでしょう。多くの生徒は,会話練習にためらいを感じたり,ほかの人の前で間違えるのを恐れたりするものです。リスクに立ち向かい,失敗をいとわないでいられるような環境を整えることが助けになるでしょう。生徒の努力を認め褒める方法を見つけましょう。生徒が間違ったときは,生徒自身がその誤りを確認して,うまくできるまで何度もやってみる機会を与えてください。あなた自身の間違いを明るい態度で認め,訂正することによって模範となりましょう。行うことによって学ぶために信仰をもって行動することからもたらされる喜びを生徒が味わえるよう助けます。

次の質問について考えてみてください:

  • 語彙や文法の学習に費やす時間を減らすことによって,時間の大半を会話活動に費やすには,どうすればよいだろうか。
  • すべての生徒が会話に多くの時間を費やせるようにするには,どのように各活動を計画すればよいだろうか。
  • 生徒が間違えるのを恐れない環境を整えるには,どうすればよいだろうか。

英語を話す

クラスでは教師であるあなたが英語を話すよう期待されているという認識を持ち,生徒にも同様にするよう招きます。長々とした解説や説明は避けましょう。基本的な単語や簡単な文章,手振り,そのほかのリソースを使ってコミュニケーションを図りましょう。生徒が質問をしたいときには,そのほかの生徒に助けてもらいます。答えを見いだすために,利用可能なリソース(生徒用テキスト,辞書,クラスメートなど)を利用するよう生徒に勧めます。あなたが言ったことをすべて訳すことはしません。簡単な文章を用いて,ゆっくり繰り返すならば,生徒のほとんどは大意を理解できます。彼らが一言一句理解しているかどうか気をもまないでください。

英語に耳を傾け,英語でやり取りする機会を与えることが最も生徒の助けとなると信じてください。あなたとのやり取りや,生徒同士で会話する際に英語を話すよう生徒を励ましましょう。何はともあれ英語で話そうとするよう促します。知っている語句を用いるよう,また知らない語句については積極的に学ぶように勧めるのです。小さなノートやそのほかのリソースを用いて,新しい単語や定義を書き留めるよう生徒を励ましましょう。生徒が母国語を話しているのが聞こえたら,明るく呼びかけて,英語を話すことに対して信仰をもって行動すべきことを思い起こさせましょう!英語を話すには信仰が必要ですが,信仰をもって行動することによって御霊がもたらされ,すべての人が学べるよう助けてくださいます。

次の質問について考えてみてください:

  • 常に英語を話すことを忘れないようにするためには,どうすればよいだろうか。
  • 英語を話すために信仰をもって行動できるよう生徒を助けるには,どうすればよいだろうか。
  • くつろいだ気持ちで英語を話すのを楽しみ,興味を持ち続けることのできるような環境を整えるには,どうすればよいだろうか。
以下は,EnglishConnectを教えるうえで必要となる入手可能なリソースです。